過酷な試合でした 第2試合 工大高 対 井口  (2011年7月9日)                       return

吉村様 昨日の観戦模様です

昨日は開幕試合二試合を観戦しましたTVでも映ったでしょうが最初のアクシデントが広のバッターが打席に入る前に
足がケイレンししばらく治療するも回復せずそのまま打席に入り手打ちというよりバットを出してボールに触れさせるくらいしかできなかったのが
根性の一振りが右中間を破る大きな当たりとなるも歩くのもままならず片足だけで懸命に一塁に滑り込み
初ヒットで出塁、その後賀茂の選手もケイレンで交代していました

次の試合では更に過酷な試合でした長年野球観戦していますがこのような事態に初めて遭遇する試合でした
守備から引き上げ打席に向かう途中ケイレンし足を押さえる選手が続出し、バッティング後一塁ベース上でケイレンしたり
センターオーバーを追いかけ中そのまま倒れて動けず三塁打となったり守備中だんだん崩れていく選手、ピッチャーもベースカバー後ケイレン
動いている選手以外にも一塁コーチャーも倒れ、応援席の鉢巻した部員も倒れたりと14・5人はケイレンで足を仲間に押さえてもらうシーン
があちこちでおきていました治療で試合も何回も中断し三時間を越える試合となり救急車のサイレンも立て続けに聞こえ
最後は長い中断の後棄権試合で没収試合となりました

最近の教室はクーラー完備され夕方の練習で暑さ対策ができなかったのでしょうか特に先日まで雨模様で気温も低く
急な夏晴れで選手も過酷だったのでしょう

 
 小谷さんからのメールより


return