練習試合 対 府中東 (府中東高校G)(2010年11月3日)   Back


 
さわやかな秋空のもとの府中東高校舎 
甲子園出場校:府中東高正門   前身の工業高校としての創造性が伺えるオブジェクト 野球部とサッカー部練習のためにグランド中央に設置されている巨大なネット 
     

第1試合

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
祇園北 0 0 3 0 1 5 0 0 0 9
府中東 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2


投手 捕手 本塁打 3塁打 2塁打 ヒット 盗塁
柴崎 6
瀬戸 3
新田 小田 2
本田 2
三枝 3 新田 2
柏原 2 小田
柏原


 第1試合:リリーフ瀬戸 第1試合:攻撃  第1試合ベンチ 
     
第1試合攻撃 センターからの視点   第1試合終了あいさつ  第1試合終了時刻  
     

第2試合

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
府中東 0 1 1 0 1 0 2 0 3 8
祇園北 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1


投手 捕手 本塁打 3塁打 2塁打 ヒット 盗塁
尾首 3
三枝 1
藤原 3
松村
武田 中原 橘 中原 小川 河野 本田 小田 2


第2試合 攻撃   第2試合 終盤:ピッチャー松村  第2試合:3番手藤原:相手バッター3番
     
 第2試合先発尾首顎への死球のため緊急登板:三枝  府中東第2試合 リリーフ  
     【戦況】

第1試合は,先制点は許したものの序盤,中盤に打線がつながり効果的な攻撃でした。

守りも先発からリリーフへつなぎ失点2と安定しており,守備陣もエラーなく安定していました。

第2試合は,初回チャンスが1点にとどまり,その後も出塁はするもののあと1本のタイムリーが出ず,8−1という結果でした。

先発ピッチャーが顎に死球を受けるなどハプニングがあり,緊急登板でしのいだものの終盤は野手のエラーが失点につながり大量リードを許しました。

様々な状況に対する対応力とミスの後の気持ちの切り替えや気持ちの持ち方の大切さを感じました

Back