練習試合 対 徳山商工  (徳山商工G) (2012年5月27日 )              Return

第1試合は,中盤まで互いに出塁の割には,凌ぎ3対3のまま後半に突入しました。
相手チームは序盤の投手交代でエース級をマウンドにあげ,リズムとテンポを祇園北に讓らぬ気迫でした。
祇園北は,中盤まで常にランナーを背負う厳しい展開でした。
打ち取った打球を目立たなかったもののミスで確実にアウトを取ることができず,
結果として,相手チームに中押し,ダメ押しを許す展開となってしまいました。

第1試合

   1 2  3  4  5  6  7  8  9 
徳山商工 1  0  2  0  0  3  0  6  0  12 
祇園北  1  2  0  0  0  0  1  0  0  4 


投手  捕手  本塁打  3塁打  2塁打  ヒット  盗塁 
柴崎
本田 
武田    河原 2    河原 川上 金津
中原 2 山本 
 



第2試合

   1 2  3  4  5  6  7  8  9 
 祇園北 0  0  1  1  1  0  6  0  1  10 
徳山商工  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0 


投手  捕手  本塁打  3塁打  2塁打  ヒット  盗塁 
藤原
尾首 
武田
石崎 
  小田  瀬戸 2  岡田 3 武田 山本 2 
小田 田島 加藤 山崎
 池高 新田 水岡 
 


第2試合は,先発&リリーフの安定感が光りました。
テンポの良さと安定感あるピッチングから,グランド全体に祇園北ペースの雰囲気が広がりました。
エラーもなく,相手チームのチャンスを見事な守備で断ち切り,
7回には長短打でビックイニングを作るなど,
勢いがありました。
守備では,堅実な守備で投手が打ち取った打球を必ずアウトにすること,
攻撃では,好投手と対戦した時の揺さぶりや,
しぶとく出塁し必ず進塁させるといった泥臭さが備われば
更なる飛躍に繋がると感じました。

Return